壮瞥(そうべつ)滝

出展:壮瞥町観光情報見どころ

壮瞥滝

(c) Masafumi Tanaka

洞爺湖唯一の自然流出滝
壮瞥滝
 洞爺湖唯一の流出口で湖畔から約70mの所にあり、約18mの高さがあります。アイヌ語で「ソウ」は滝、「ペツ」は川という意味です。
 滝を眺める小道にはちょっとしたテーブルと椅子が配置されています。
 壮瞥町史には、『往時は道南一の壮観な滝として知られ、高さ18メートル、幅7.3メートルの断崖から、 145個(1個は1秒時1尺―約30糎立方尺の水=1秒時間に30立方センチメートル―流下)の水量が直下する滝で、 ごうごうたる音響を発し、飛沫は霧となって高く吹き上げ、旧滝の坂道路 (現在の道路より約10数メートル上) を通る人々から、下から雨が降るところとして知られ、足を止めてその壮観を鑑賞したものであった。』と、その勇壮さが記されています。

ページの先頭へ